自治体や団体の補助金・助成金

ここにご紹介する補助金・助成金は、主として自治体や団体の福祉に関する補助や助成金制度です。
福祉機器の導入やバリアフリー化工事には、国の介護保険、障害者総合支援法、雇用労働法、バリアフリー法により補助制度が適用されない場合にもこの補助を受けられる場合があります。
ご紹介しているものは2019年5月時点のもので概要となります(利用可能なもの全てをご紹介するものではありません)。
また、助成や補助の条件や金額は各自治体によりに異なり、年度ごとに異なる場合もあります。最新や詳細内容は補助金の事業主体、又は、表示のお問合せ先にご確認ください。

補助金の検索は下の検索フォームより、「補助を受けられる都道府県」と「対象者種別(個人、団体・事業者)」を選択してください。

全国 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
個人 団体・事業者

福井県あわら市 住宅改造助成

補助金対象者
あわら市に居住する身体障害者手帳 視覚 1~2級 上肢 1~2級 下肢 1~2級(下肢には、体幹・脳原生を含む。
補助金概要
助成要件・当該住宅につき1回限り・新築増築は除く・入院中でも退院が確定している場合は申請可 改造費の10分の8を助成。下肢機能障害の人は、60万円限度
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県坂井市 住宅の改造

補助金対象者
坂井市に居住する身体障害者手帳をお持ちの方で下記に該当する方 視覚 1級~2級 上肢 1級~2級 下肢 1級~2級(下肢には体幹・脳原性を含む)
補助金概要
1.当該住宅につき1回限り、2.新築増築は除く、3.事前申請が必要、4.入院中でも退院が確定している場合は申請できます 助成額 改造費の10分の8
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県永平寺町 重度障がい者の住宅改造助成について

補助金対象者
永平寺町に居住する身体障害者手帳をお持ちの方で下記に該当する方 視覚障害 1から2級 上肢障害 1から2級 下肢障害 1から2級(下肢には、体幹・脳原生を含む。)
補助金概要
•当該住宅につき1回限り •新築増築は除く •事前申請が必要 •入院中でも退院が確定している場合は申請可 改造費の10分の8相当額
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県勝山市 重度身体障害者住宅改造費助成事業

補助金対象者
勝山市に居住し、住所を有する者であって、身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条に規定する身体障害者手帳を所持する者で、当該身体障害者手帳に記載されている等級が1級又は2級である視覚障害者又は肢体不自由者とする。この場合において、該当する障害の等級のみで1級又は2級の者に限る
補助金概要
重度身体障害者住宅改造助成費申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付し、市長に提出するものとする。 (1) 身体障害者手帳の写し (2) 住宅の平面図 (3) 改造箇所の略図と写真 (4) 改造工事見積書 (5) その他市長が特に必要と定めるもの 改造するための工事費に10分の8を乗じて得た額とし、別表第1に定める額を助成限度額とする。
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県大野市 重度身体障害者の住宅改造の助成

補助金対象者
大野市市内に在住の方で身体障害者手帳所持者いずれか2級以上 視覚 上肢 下肢 体幹 脳原性移動
補助金概要
申請方法 身体障害者手帳、印鑑、改造工事設計図書(図面含む)、改造前(現状の)住宅写真 助成制限 当該住宅につき1回限り。改造費の8割を助成。60万円(改造費の8割を助成)
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県福井市 住宅改造の助成

補助金対象者
福井市に居住する身体障がい者=視覚・上肢・下肢・体幹・移動のいずれか2級以上
補助金概要
在宅の重度身体障がい者が日常生活に著しい障がいがあるため、住宅を改造する必要があるとき、費用の一部を助成します。 助成制限 ・当該住宅につき1回限り・所得制限・事前申請が必要・入院または施設入所者(入院中でも退院が内定した場合、「退院見込み証明書」を添付すれば申請することができます。) ・新築または増築は対象外 60万円(改造費の8割を助成) ※障がい内容により一部80万円
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県鯖江市 重度身体障害者住宅改造助成

補助金対象者
鯖江市に住所を有する64歳以下の在宅者で、身体障害者手帳の1級または2級に該当する視覚障害者もしくは肢体不自由者。
補助金概要
在宅で生活する重度身体障害者の住宅改造に要する費用を助成します。 ※対象者のうち、介護保険制度の要介護、要支援の認定を受けた者が当該住宅の改造を行う場合は、限度額を60万円とする。 ※対象者のうち、上肢機能障害者が当該住宅の改造を行う際に、特殊便器を設置するために重度身体障害者日常生活用具給付等事業の助成を受け、さらに本事業における住宅改造を行う場合は、限度額を60万円とする。 ※対象者のうち、下肢機能障害、体幹機能障害、脳原性移動機能障害者が当該住宅の改造を行う場合は、限度額を60万円とする。
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県越前市 住宅改造の助成

補助金対象者
越前市に居住する身体障がい者=視覚・上肢・下肢・体幹・脳原性移動機能障害のいずれか2級以上
補助金概要
申請方法 身体障害者手帳、印鑑、改造費見積書、所有者の承諾書(借家の場合)、改造前(現状の)住宅写真、図面(改造前、改造後) 助成制限 1 当該住宅につき1回限りです 2 新築・増築は除きます 3 事前申請が必要です 4 入院または施設入所者(入院中でも退院が内定した場合、「退院見込証明書」を添付すれば申請することができます。) 5 施工業者は市内の業者であることが条件となります。 60万円(改造費の8割を助成)(注)障害内容により一部80万円
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県池田町 重度身体障害者住宅改造助成事業

補助金対象者
池田町で1級もしくは2級の身体障害者手帳の交付を受けた視覚障害・肢体不自由者
補助金概要
町内に居住する重度の身体障害者が、居宅での生活向上またはその者の介助を容易にすることを目的として住宅を改造する場合、その工事費の一部を助成します。池田町独自の住宅改修支援事業 住宅機能改善支援事業(高齢者等の住宅改修支援)も併用することができます。 ただし、下肢機能障害、体幹機能障害、脳原性移動機能障害のある方が対象の場合は、60万円を限度とする。 助成対象工事費の10分の8以内の額で80万円を限度とする。
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県越前町 住宅改造費の助成

補助金対象者
越前町に居住する身体障害者手帳の視覚または肢体不自由1級~2級 ※介護保険法以外で当該住宅の改造にかかる費用の支給を受けている人は対象となりません。
補助金概要
助成要件 ①当該住宅につき1回限り ②新築増築は除く ③事前申請が必要 ④入院中でも退院が確定している場合は申請できます 申請に必要なもの ・重度身体障害者住宅改造費助成申請書(印鑑)・身体障害者手帳・改造費見積書・改造前住宅写真・改造前後図面
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県南越前町 重度身体障害者住宅改造助成事業

補助金対象者
次の各号に該当する者で、南越前町長が特に必要と認めたものとする。 (1) 南越前町内に住所を有する者 (2) 身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5号の1級又は2級に該当する身体障害者手帳の交付を受けた視覚障害者又は肢体不自由者
補助金概要
当該住宅につき1回限りとする。ただし、対象者の障害が著しく変化する等の理由により、新たに住宅の改造が必要であると認められる場合には、この限りでない。 2 日常生活用具給付等事業住宅改修費又は居宅介護住宅改修費及び居宅支援住宅改修費の対象経費は、本事業の対象経費から除く。 3 対象者のうち、下肢機能障害、体幹機能障害、脳原性移動機能障害者が当該住宅の改造を行う場合は、限度額を60万円とする。また、対象者のうち、上肢機能障害者が当該住宅の改造を行う際に、特殊便器を設置するために日常生活用具給付等事業の助成を受け、更にこの助成における住宅改造を行う場合は、限度額を60万円とする。 4 対象者のうち、介護保険制度の要介護、要支援の認定を受けた者が当該住宅の改造を行う場合は、限度額を60万円とする。
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県敦賀市 重度身体障害者住宅改造費助成

補助金対象者
敦賀市で1級または2級(身体障害者福祉法施行規則別表第5号)に該当する手帳の交付を受けた視覚・肢体不自由者
補助金概要
下肢・体幹・脳原性移動機能障害の方は限度額は60万円 上肢機能障害の方は限度額は60万円 介護保険制度の要介護・要支援の認定を受けた方は限度額は60万円
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県美浜町 重度身体障害者(児)住宅改造費助成事業

補助金対象者
美浜町内に住所を有する在宅の視覚障害者(児)又は肢体不自由者(児)で、身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5号の1級又は2級に該当する身体障害者手帳を保有する者
補助金概要
住宅の改造に要した経費に10分の8を乗じて得た額(その額に100円未満の端数が生じたときはこれを切り捨てた額、その額が80万円を超えるときは80万円)とする。
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県若狭町 重度身体障害者住宅改造費助成事業

補助金対象者
次に該当する者で若狭町長が特に必要と定めたものとする。 (1) 町内に住所を有する者 (2) 身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5号の1級又は2級に該当する身体障害者手帳の交付を受けた視覚障害者若しくは肢体不自由者
補助金概要
住宅の改造に要した経費に10分の8を乗じて得た額(その額に100円未満の端数が生じたときはこれを切り捨てた額、その額が80万円を超えるときは80万円)とする。
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県小浜市 住宅改造助成

補助金対象者
小浜市に居住する下肢障がい、体幹機能障がい、視覚障がいの1・2級で在宅の障がい者の方が既存の住宅を使いやすく改造する場合に
補助金概要
65歳以上で要介護認定を受けている方は介護保険事業が優先されます。また、それ以外でも内容によっては日常生活用具給付事業等が優先されます。 他の補助事業との併用はできません。(助成は1回限りです)
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県高浜町 重度身体障がい者の住宅改造助成

補助金対象者
高浜町に居住する 1.町内に住所を有する視覚障がい者(児)または肢体不自由者(児) 2.1級もしくは2級の身体障がい者手帳保持者
補助金概要
住宅の改造に要した費用の10分の8(上限額80万円)
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

福井県おおい町 住宅改造費の助成(重度身体障害者住宅改造費助成事業)

補助金対象者
おおい町の身体障害者=視覚・上肢・下肢・体幹・脳原生移動機能障害のいずれか2級以上
補助金概要
60万円(改造費の8割を助成) ※障がい内容により一部80万円
お問合せ
金沢営業所 076-292-9455

大阪府堺市 高齢者生活支援事業 高齢者住宅改修事業

補助金対象者
堺市に居住する 【1】介護保険対象外の高齢者(自立者)に対する助成  対象者  65歳上で、3カ月以内に要介護・要支援認定申請を行い非該当と判定され、下肢に機能低下がみられる方(障害高齢者の日常生活自立度がJ以上) 【2】介護保険対象の要介護者等に対する助成  対象者 (1)要介護者 (2)要支援者であって、次のいずれかの身体障害者手帳を保持する者 1、2級 下肢機能障害3級 体幹機能障害3級 脳原性移動障害3級
補助金概要
【1】介護保険対象外の高齢者(自立者)に対する助成  介護保険給付事業と同様の工事内容・工事費用(上限20万円)を助成対象とします。 【2】介護保険対象の要介護者等に対する助成  介護保険給付対象工事とならない家庭用エレベーター・階段昇降リフト等の工事費用(上限30万円)について助成の対象とします。
お問合せ
泉州営業所 0725-47-1151

大阪府堺市 重度障害者等住宅改修費の給付

補助金対象者
堺市に居住する 65歳未満(40歳から64歳までの特定疾病による介護保険対象者を除く)で身体障害者手帳1・2級、下肢・体幹または脳原性移動機能障害は3級以上の方、もしくは重度知的障害者(児)
補助金概要
本人または家族の所得により給付割合等が定められています。また同一人につき一回限り、修理、修繕及び新築は除きます。) 500,000円
お問合せ
泉州営業所 0725-47-1151

大阪府松原市 住宅改造費用の助成

補助金対象者
堺市に居住する 65歳未満(40歳から64歳までの特定疾病による介護保険対象者を除く)で身体障害者手帳1・2級、下肢・体幹または脳原性移動機能障害は3級以上の方、もしくは重度知的障害者(児)
補助金概要
本人または家族の所得により給付割合等が定められています。また同一人につき一回限り、修理、修繕及び新築は除きます。) 500,000円
お問合せ
泉州営業所 0725-47-1151