こちらは いす ワーキングチェア ユニ21EL(電動)低床 に関する記事です

アクティブな暮らしを!「できない」は「できる」に変えられる!

適用事例

2020年05月15日

藤田さまは33歳でリウマチを発症 ユニ21

藤田さまは33歳でリウマチを発症、痛みや疲れがひどくなり、滑膜(かつまく)除去手術を受けました。その後、松葉杖を使いましたが、力を入れても立てなくなり、歩くのをやめました。

 車いすは大きすぎて、ご自宅の廊下や台所では使えないので、代わりに事務用のキャスターチェアを使い始めました。「それまで冷蔵庫の所に行くのも大変だったので、サーッと動けるのが快感でした」。以来、何台か乗り継ぎましたが、ずっと座り続けるのでお尻が痛くなったり、勢いよく動きすぎて転倒することもありました。

 「こんないすがないかな…」と思うようになり、国際福祉機器展で、発見しました。

座面が肉厚。安定感があり、しっかりとブレーキがかけられる。キャスターを走らせても音がしない。何より電動で座面が昇降できるのに感動!」うれしくて「これだ!」とすぐに購入を決めたそうです。こうして23年前からお使いいただき、今では3台のユニを上手に使い回しています。


ユニ21 事例台所

 ユニを使うようになって、車いすや事務用のキャスターチェアではできなかったこともできるようになりました。

台所では、冷蔵庫や食器棚の高い所に手が届くようになりました。シンク下のスペースに脚ごと入れられるので、手が奥まで届くようになり、座面高さを調節すれば、蛇口が使いやすくなるので、洗い物も無理なくできます。

 入浴も一人でできるようになりました。居間から脱衣室には10cmほどの段差があり、スロープを毎回ご主人に設置してもらっていましたが、スロープ自体が重く設置も大変。毎回夫に頼むのも気が引けて「自分でやろうかな、どうしたら楽にできるかな」と考えるようになりました。工夫した結果、ユニの座面高を上昇させて、脱衣室に置いたいすと合わせてから乗り移り、さらに並べたいすの上を乗り移り、最後は浴室のシャワーチェアに移乗するようにしました

ユニ21 事例 入浴

ユニ21事例 階段昇降

 階段でも活躍。ユニがぎりぎり通れるように階段昇降機を設置したため、昇降機のいすがかなり高い位置になってしまいましたが、ユニの座面を最高位にすることにより、スムーズに移乗できます

 やがて、ご主人は筋力が衰えていく病気になり、ご主人を介護する生活が始まりました。

 藤田さまのご自宅はマンションの4階と5階。5階でご主人が、藤田さまは主に4階で生活をしていました。ご主人の元に行くには、ユニから階段昇降機に乗り換え、上階に着いたらユニに乗り換えそのまま敷居手前まで移動、さらに敷居の向こうにあるユニに乗り換えて行きました。病が進行するにつれ、ご主人は昼夜逆転するようになり、ようやく寝ようとすると「トイレ!」と呼びました。戻ったと思ったらまた呼ばれて。上がったり降りたり、その繰り返し…。日中は看護師さんが訪問してくれたものの、夜は藤田さまご夫婦だけ。

 そうした生活が続きながらも、4年前にご主人に先立たれ、現在一人暮らしとなりました。

この記事へのお問合せはこちらから。下のボタンを押すとお問合せフォームが開きます。