こちらは スーパーレーターαⅢ に関する記事です

名古屋盲人情報提供センターに階段昇降機が設置されました。

適用事例

2020年08月26日

(写真)名古屋盲人情報提供センターと設置された階段昇降機

視覚障害者情報提供施設、名古屋盲人情報文化センター(運営:社会福祉法人名古屋ライトハウス)は、名古屋市営住宅の1・2階部分に所在しています。主に視覚障害者向けの生活情報、観光案内、イベント情報などを含む点字情報誌の発行、点字図書の情報提供を行っています。1966年4月に厚生省指定点字図書館に当時指定されています。

センターの玄関前にはスロープがありますが、センター内にはエレベーターがなく、2階には階段で移動する手段しかありません。盲人情報文化センターでは、盲人の方や高齢者の方が自由に移動できるよう、バリアフリーの合理的配慮の整備として、いす式階段昇降機の導入が数年前から検討されており、今回導入されました。

階段昇降機の設置後は、
  • 音声で操作の案内があるので安心して利用できる。」
  • 「階段の内側にレールがあるので邪魔にならない。」
  • 高齢者の方々の利用も多く、有効活用されています。」

など、導入してから利用頻度は高く、多くの方に喜ばれています。


階段を昇降機で利用している場面です。

レールは階段内らちに設置され通常の利用の邪魔になりません

昇降機未使用時は階段脇に折りたたみ収納

階段昇降機の詳細は下のクリックでご覧いただけます。

この記事の対象商品

この記事へのお問合せはこちらから。下のボタンを押すとお問合せフォームが開きます。