メールマガジン・バックナンバー

アビリティーズ・ニュース HCR特集号(2017.9.22発行)  

2017年10月05日

第44回国際福祉機器展(HCR)いよいよ来週9/27(水)~29(金)開催!海外提携企業と58ブースの大規模展示で展開、東京ビッグサイトで。    

 厚生省の依頼で1974年に日本アビリティーズ協会が事務局を担当し、創設した本展示会は、参加企業約530社、ブースの数が2000といわれるほどに拡大し、世界第二の規模のヘルスケア展示会となりました。                     
 アビリティーズ・ケアネット㈱は、ここ数年開発を進めてきた新製品を多数発売致します。また提携海外企業と共に、東1号館に全体で58ブースを設けて、最先端の各種機器を出展致します。     
 障がい者の自立と社会参加の促進に有効な高機能車いす等のモビリティー(移動)機器、介護現場の負担軽減と安全な介護を実現する為の天井走行・床走行リフト、パブリックエリアの各種バリアフリー・リハビリテーション機器、施設・病院の入浴機器、じょくそう予防用具、各種手すり、その他多くの生活支援機器です。            

━注目商品の一部を、先行してご紹介致します。━
https://abilities.jp/fukushi_kaigo_kiki/hcr2017?utm_source=news&utm_medium=email&utm_campaign=mailmag20170922←商品画像、動画、仕様等は弊社ホームページ上でご確認下さい。     

▽新機構の電動スクーター コンパ       
使用者にあわせて長さ、座席高さを調節出来る。狭い場所でも自動で折りたためられ、保管出来る。(2017年10月発売予定)            

▽車いす用レバー式駆動システム ニュードライブ
レバーを漕ぐ様に前方へ倒すことで、車いすが走行。レバーは着脱可能で腕の力が弱い方、長距離を漕ぐのが難しい方に最適。(2017年10月発売予定)  

▽電動三輪車 クルーザー           
自転車を意識したデザインで背もたれ・アームレストが付いており座位が安定する。 前進・後進もハンドル右のスロットルを使い、速度は無段階に調節可能。(2018年1月発売予定)         

▽階段昇降も出来る電動車いす フラッシュ   
 平地走行だけでなく、介助者なしでも階段昇降が出来る。(2018年1月発売予定)        

▽カーボン製歩行器 スリムライン       
 軽量で強靭、そして美しいデザイン。外出を安全に楽しいものとします。バックレスト付・屋外用。重量4.9kgを実現。(2017年10月発売予定)  

▽チェアリフト付き電動昇降浴槽 マルチバスSE
 椅子が電動で昇降・旋回し安全に入浴。椅子を取り外して普通浴も出来る。またストレッチャー浴も可能となり幅広い対象者に対応。(2017年11月発売予定)                    

▽評価用トイレユニット トイレットリフター  
 電動で便座の高さを昇降出来る。リハビリテーション科での評価用、生活動作訓練用に最適。(2017年10月発売予定)               

▽ユニバーサル・キッチン           
 電動で調理台カウンタートップを任意の高さに調整出来る。アイランド型で四方から利用出来るデザイン。ご希望のサイズ、様々なオプションで製作・販売可(2017年10月発売予定)         

▽高い段差、低い敷居の段差も解消 クイックスロープ                    
 従来のブロックビルドのタイル1枚の高さに満たない小さな段差も解消します。(発売中)    

▽車いす用電動段差解消機 スタージー     
据え置きタイプで工事は不要。キャスター移動が可能。ステージや表彰台の使用にも最適。昇降ストローク110cmまで。(2017年10月発売予定)   

HCR2017出展社プレゼンテーション━━━━━

1.テーマ/入浴事故対策セミナー(特殊浴槽編)

 開催日時/2017年9月28日(木)12:30 ~13:30
 会場/プレゼンテーション会場1-A(東2ホール出入口側)
 講師/アビリティーズ・ケアネット㈱ 第二総合事業部長
    中村 靖彦            

 医療・介護施設の現場では、特殊浴槽が活用され、利用中の事故も報告されております。労働安全衛生の観点から特殊浴槽に求められる対応、改善のポイントを紹介します。              

2.テーマ/安全な移乗、ベッド上ケア、リハビリへのリフトの活用               

 開催日時/2017年9月28日(木)14:30~15:30
 会場/プレゼンテーション会場2-C(展示ホール2階)
 講師/デンマーク グルドマン社 輸出マネージャー トロールス・ホルト-ニールセン氏   

 安全な移乗に加え、ベッド上ケアやリハビリ、早期離床へのリフトの活用方法や、リフト導入の際に考慮する、リフトの種類による使用方法の比較や利用者、介護者への効果をご紹介します。