こちらは 公共的建築物等(パブリックスペース)のバリアフリー化 に関する記事です

京王プラザホテルのユニバーサルルーム(UDルーム) アビリティーズの最新式の脱着式手すりが採用されました。 

写真は京王プラザホテル ホームページオープン案内書からの抜粋


東京・新宿にある京王プラザホテルのユニバーサルルーム(UDルーム)が、最新の設備を導入して平成30年12月にリニューアルオープンされました。

今回のリニューアルは、誰もが使いやすように配慮された設計と、ホテルならではのラグジュアリー感を体感していただける部屋になっています。アビリティーズはこのプロジェクトに関わらせていただきました。当社から特長ある製品を提供させていただいていますので、その主な製品を紹介いたします。

UDルームのトイレには、デザイン性の高いデンマーク製の「脱着式の手すり」と「背もたれ」が設置されています。トイレの手すりは、立ち座りの際に体を安定させ、車いすをご利用の方には乗り移りの支えになります。設置された手すりは、レバーひとつで瞬時に高さや幅を、利用する方の要望にあわせて調節できます。片側だけ設置するといったこともできるので、どのような使い方にも対応できる優れたものです。背もたれも脱着式で、必要ない方には取り外しておくことができます。

脱着式手すりと背もたれ(アビリティーズ本社・ショールーム)


このほか、バスルームで使用する車いすは、水まわり車いすの概念を変えるものが導入されました。これまで水まわり車いすは介護用が中心でしたが、後輪が小さいために自分で車いすを操作・移動することができませんでした。UDルームに採用された水まわり車いすは、後輪が大きく、自分で操作・移動することができます。

見えにくい方、白杖・盲導犬ユーザーの方への配慮

視覚に障害のある方のため、UDルームのフロア階のエレベーターホールに音声標識ガイドシステムが導入されました。このシステムは、視覚に障害がある方が小型送信機(シグナルエイド)を持ち、その本体にあるボタンを押すと天井スピーカーからフロアの情報や位置を音声で知らせてくれます。音声システムは社会全般に広まってきており、今では多くの視覚に障害のある方が小型送信機を所有しています。フロントで小型送信機を貸し出しています。

一般フロアの廊下照明より明るい設定になっています。京王プラザホテル本館30階の廊下照明

一般フロアの廊下照明より明るい設定になっています。


音声標識ガイドシステム 京王プラザホテル音声標識ガイドシステム(本館30階エレベーターホールのみ)

お手持ちのシグナルエイド(小型送受信機)に反応し、客室やエレベーターホールの方向を音声案内します。シグナルエイドをお持ちでないお客様には、チェックイン時にフロントでお貸出しいたします。日本語と英語に対応します。


ユニバーサルルームのご紹介

京王プラザホテルは、1988年にリハビリテーション世界会議の会場に選ばれ、車いす対応のバリアフリールームを15室設けました。その後も、ユニバーサルルームの創設、宴会場へ磁気ループシステムの設置、オストメイト対応のトイレ導入、補助犬専用のトイレの設置など、ホテル業界のリーダーとして先駆的に取り組んでいます。
今回のUDルームのリニューアルでは、これまでと同じ広さのデラックスツイン(35.5㎡)10室のほか、新たにラグジュアリーデラックスツイン(47㎡)2室とジュニアスイートツイン(67.4㎡)1室の合計3室が新設されました。
どの部屋も障害がある方はもちろん、高齢者や一緒に滞在するご家族にも快適に宿泊できるよう広めの室内と、使いやすい設備・家具が配置された空間になっています。
デラックスツイン
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

    お部屋レイアウト
    デラックス・ツイン(ユニバーサルデザイン)

ラグジュアリーデラックスツイン
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

    お部屋レイアウト
    ラグジュアリーデラックス・ツイン(ユニバーサルデザイン)

ジュニアスィートツイン
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

    お部屋レイアウト
    ジュニアスイート・ツイン(ユニバーサルデザイン)

京王プラザホテル【公式サイト】はこちら→施設案内ユニバーサル対応

お問い合わせ

一級建築士事務所 バリアフリー設計建築研究所