こちらは 住宅改修・リフォームの施工事例 に関する記事です

分譲マンションの玄関扉の自動化(小規模改修事例)

2016年03月10日

脳出血の後遺症で左半身にマヒがあるDさん、手すり等につかまれば一時的な立位は可能ですが歩行は困難状況であり、移動は車いすでした。

お住いのUR(UR都市再生機構)の鋼鉄製の玄関扉が重たく、車いすに座ってご自分で開閉することが困難でした。

玄関扉はスイング式の自動ドアにし、玄関たたきは、スロープにすることで、出入りを容易にしました。 移乗、移動がしずらいトイレと浴室には、「手すりをつける。トイレの便座は少し高さを上げる」の対応を行いました。

Dさんの身体状況

脳出血の後遺症で左半身にマヒ。手すり等につかまっての一時的な立位は可能、歩行は困難で車いすを使用。

1.jpg

現状と解決したい問題

Dさんは、脳出血の後遺症で左半身にマヒがありますが、UR団地で一人暮らしをしています。何事にも積極的で外出もしますが、玄関ドアは鋼鉄製で重たく、車いすに乗ったままではあけることができません。外出には、ヘルパーさんに扉を開けてもらわなければなりません。また、トイレや浴室が使いにくい悩みがありました。

提案のポイント

  • 玄関扉はスイング式の自動ドアにし、自動開閉にする。
  • 玄関内段差には、たたきからスロープを設置する。
  • トイレと浴室には、「手すりをつける。トイレの便座は少し高さを上げる」で、問題なく使用できることが確認できたので、大規模な改修をしない手すりを設置、便器には補高便座の取り付け。
  • 外廊下と玄関に段差は団地の共有部分になる為、対応はURに相談しました。

玄関扉の自動化には扉に穴あけ加工が必要であったため、扉の交換をしなければなりません。玄関扉は共有部分に当たるため、工事はURの同意、許可が必要になります。また、退去時には原状復帰義務がありますので、Dさんが退去するときには「原状に戻す」ことになります。これによりURより了解が得られました。

また、住居階が14階で風が強いこともあり、外廊下に面している玄関扉は強い風の影響を受けやすいことを事前に説明し、風の強い場合は玄関扉の開閉には十分注意されることをお願いしました。

改善のポイント

自動ドア・オペレーター取付工事

車いすの一人での出入り

改善後の様子

「気兼ねなく外出できるようになり、買い物や外で食事をする機会が増えた」

「週1回は自分だけで、週2回はヘルパーさんと買い物に行きます」

といったうれしい言葉をいただきました。

さらに、「一人でタクシーや電車を利用して出かけ、友達と食事をすることもあります」

と、もともとの活発な性格、社交的な生活を楽しんでいる状況がわかり、玄関扉の自動化が生活の質を高められたと実感できました。

※団地共有部分の外廊下と玄関の段差は、後日、URにて玄関前の段差をスロープ化して解消していただけました。

工期と費用

工期:1日

費用:総費用1,186,000円

玄関扉自動ドア工事 870,000円
玄関たたきのスロープ工事 88,000円
手すり取り付け工事(5本) 100,000円
洗浄便座付補高便座 128,000円