福祉用具の展示、セミナー等

開催要領

開催日時: 2018年10月10日 午前 10時00分 ~ 2018年10月12日 午後 05時00分
会場: 東京ビッグサイト
会場の住所:
参加資格と募集人数:
参加料金: 無料
開催と募集状況: 募集中
開催連絡先と申込方法: プレゼンテーション受講は特設ページより

詳細内容

アビリティーズは海外提携企業と共に東2ホールにおいて、全体での59コマの広いスペースに、様々な福祉機器の展示を行います。

今回は、各種リハビリテーション機器、腰痛予防等に有効な移乗機器や入浴機器、障害者差別解消法に基づく合理的配慮に必要な各種バリアフリー機器など、たくさんの機器・新製品を紹介します。

注目される新製品がいくつもあります。

  1. 1日で設置できる水洗式トイレです。通常、水洗トイレは床下に給水、排水の配管工事が必要です。新製品は、その工事を必要としないので、1~2日で設置完了できる新システムです。災害などの避難場所に使われる学校などにも最適です。
    組み立て式の簡単設置トイレ スマートトイレ
  2. 車いすでは、なかなか楽しめない海水浴場。砂浜のビーチを移動するための特殊素材使用のマット、また海に入っても浮き、楽しめる車いすなど、今までできなかったことを可能にするレジャー関係用品も紹介します。
    アクセスマット&水上車いす
  3. 障害のある人がプールの出入りに困難しているので、プールリフトを開発しました。
    移動式 プールリフト i-swim
  4. 2016年に施行された障害者差別解消法の「合理的配慮」に対応して、各種のスロープの新製品を発表します。

また、展示会場の東4ホールでは、様々な機器の紹介を3日間にわたり、全19セミナー(新製品、新技術プレゼンテーション)を行います。ぜひ皆様のご来場をお待ちしております。
プレゼンテーションの受講を希望される場合は、事前予約をいただけますと確実になります。下の特設ページのプレゼンテーションのページよりお申込みください。

アビリティーズの展示特設ページはこちら。HCR国際福祉機器展 アビリティーズ・ケアネット

国際福祉機器展の開催情報はこちらのWebサイトをご覧ください。第45回国際福祉機器展のWebサイト


ご参考

HCRは1974年、厚生省(当時)より本展示会の創設の依頼を受け、日本アビリティーズ協会が第1回を開催しました。その後は、全社協、保健福祉広報協会を中心に行われ、今年45回目の開催となり、今や世界のトップレベルの展示会に発展いたしました。
そのような経緯から、当アビリティーズはHCRには特に力を入れ、毎年広いブースでたくさんの新製品を出展しております。